I'ROM GROUP

  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 主な提携先
  • 最新情報
  • プレスリリース
  • お問い合わせ
  • リンク

臨床用iPS細胞作製用CytoTune 2.0L

京都大学の山中伸弥教授が発明したiPS細胞作製技術は、ヒトを含む動物細胞の基盤研究や医療応用への利用やその可能性を拡大しました。この技術はiPS細胞を用いた革新的なドラッグスクリニーングだけでなく、細胞療法や再生医療という夢の治療に向け、その応用法の開発が加速し続けています。当社もユーザーからのご要望にお応えし、医療用i P S 細胞の作製を目的としたCytoTune®-iPSキットを開発しています。ベクターや初期化因子の残存しないiPS細胞を効率よく誘導する点は、研究用CytoTune®-iPSと同様であり、効率的に安全な医療用iPS細胞を作製することが可能です

臨床用iPS細胞作製キット

高品質なiPS細胞を作製する臨床用ツール
弊社のCytoTune®-iPSキットは最高レベルのiPS細胞誘導効率を誇り、
研究者の皆様が求めるiPS細胞の作製を可能とするものです。
さらに弊社では再生医療実現を目指す皆様のご要望にお応えすることを目指し、
NEDOの御支援を頂き、臨床用CytoTune®-iPSキットを開発ました。

CytoTune®-iPS 2.0Lは、癌化を引き起こす可能性の低いL-Myc遺伝子を
採用しています。